オーナー/岡本 薫 へのインタビュー(3/3)

Dog Trimming salon copain -コパン- オーナー/岡本 薫

岡本 薫OKAMOTO KAORU

トリマーと動物看護師の二足のわらじをはいた経験は、現在行っているトリミングにも活きていると思っています。

2011年、大阪湾にほど近い兵庫県神戸市垂水区にオープンしたDog Trimming salon copain。
このお店を営むのは、動物看護師としての経験が自身のトリマーとしての成長の糧となったと語る岡本薫さんだ。
トリマーへの憧れを諦めることなく開業に至ったまでのいきさつや、「美容」「看護」「しつけ」の三本柱からなるという自身のトリミングについて物腰柔らかに話す言葉の中には、強い意思の力が感じられた。

インタビュー

  • 長年培った動物看護師としてのご経験が、トリマーとしての厚みになっているのですね。

    この点は大切なことだと思います。トリマーの仕事は「美容」「看護」「しつけ」の三本柱からなっていると考えています。おしゃれやファッション性だけを追い求める姿勢では、ワンちゃんにとっては不十分ではないでしょうか。
    月に1回なら1回サロンを訪れることは、ワンちゃんの健康診断のようなものだと飼い主さまにもとらえていただきたいですし、私たちトリマーもその信頼にこたえられるようなワンちゃんの体調チェックを行わなければと思います。私はこれまでに回り道をしたことによって、幅のある考え方を身につけられたのだと思います。人生にムダなことは何一つないとは本当ですね。

  • 「美容」と「看護」と、もう1つは「しつけ」ですか?

    縁あってかわいい子犬を飼い始めたものの、しつけ方を知らなくて嚙み癖のある子にしてしまう飼い主さまもいらっしゃいます。ワンちゃんのしつけをきちんと行えないことは、ワンちゃんにとっても飼い主さまにとっても不幸なことです。これからも、動物看護師としての経験も生かして、飼い主さまに随所で適切なアドバイスも差し上げられるように、飼い主さまにとって頼れるサロンであり続けたいと思っています。

  • 最後に、このページをご覧になっている飼い主さま方へ一言お願いします。

    今飼われている犬種の歴史や用途にもっと興味を持っていただき、その犬らしさを発見したり、引き出してあげることで愛犬との生活がもっと楽しくなると思います。
    人と犬とのつながりを結ぶため、飼い主さまに様々なことを伝えられるよう日々学び続けたいと思います。
    また愛犬の快適な生活のため、フード選びも大切な要素の1つです。常時店頭にフードは置いておりませんが、ご相談があればいつでも知っていることはお伝えできますし、お取り寄せにも対応しております。
    「美容」「健康」「しつけ」「食餌」「犬と人との関わり」などワンちゃんのことなら何でもご相談下さい。