• 0066-9802-971590-70

    無料電話

    電話受付

    0066-9802-971590-70

練馬テイルズ動物病院

ネリマテイルズドウブツビョウイン

4.7 4件

東京都 練馬区 練馬3-24-18

西武池袋線練馬駅から徒歩約6分

/

一般診療/狂犬病注射/混合ワクチン注射/フィラリア予防/ノミ・ダニ予防/しつけ相談受付/避妊・去勢/その他

  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
診療時間
09:00 ~ 12:00 ×
15:30 ~ 18:00 × ×

【最終受付】17:30

施設からのお知らせ
2021 年10 月7 日(木)より診療時間を変更させていただきます。
飼い主様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

[ 変更後 ]
 09:00 ~ 12:00
 15:30 ~ 18:00 ※ 最終受付 17:30
施設からのお知らせ
2021 年10 月7 日(木)より診療時間を変更させていただきます。
飼い主様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

[ 変更後 ]
 09:00 ~ 12:00
 15:30 ~ 18:00 ※ 最終受付 17:30

練馬テイルズ動物病院への編集部紹介コメント

練馬テイルズ動物病院は、東京都練馬区練馬にある動物病院です。西武池袋線と都営大江戸線の沿線上にある練馬駅から徒歩6分ほどの場所にあります。
院内は、シックなブラウンと清楚なホワイトが調和した落ち着いた色で統一されていますので、初めてご来院される方も緊張せずにご来院いただけると思います。院長の石川先生自身、落ち着いた感じが好きでいらっしゃる為、医院を開業する際は「安心感を持っていただける雰囲気作りを大切して、皆さまにご提供したい」という思いから、院内全体を落ち着いたテイストにしたそうです。
練馬テイルズ動物病院では、患部や病気だけにとらわれず、動物の心も含めた診療を心掛けていらっしゃるそうです。動物たちにとって最善と思われる方法を飼い主さまにご提案し、飼い主さまと一緒に考えながら決めていくことで、安心して治療を受けていただけるように心掛けていらっしゃいます。
動物たちの心と身体の健康維持、増進を積極的に取り組んでいらっしゃいますので、練馬区で動物病院をお探しの飼い主さまは是非一度ご来院してみてはいかがでしょうか。

大切なしっぽのある家族の為に

こんにちは、東京都練馬区練馬にある練馬テイルズ動物病院院長の石川です。2013年に私の地元である練馬区に練馬テイルズ動物病院を開業しました。医院名の「テイルズ」とは、英語で「しっぽ」と読みます。いつも身近にいるしっぽをもつ大切な家族が、いつまでも元気で幸せにいられるようにという思いで、この名を名付けました。
大切なワンちゃん、ネコちゃんたちをお預かりする上で、飼い主さまに安心してもらうことが何よりも一番大切だと考えています。その為当院では、院内全体を開放感のある設計にしました。入り口から手術室までオープンな状態にしていますので、飼い主さまも安心して大切な家族をお預けいただけるのではないかと思います。
当院では「優しい動物医療」を目指し、正しい知識と確かな技術、そして思いやりの心を胸に日々努めています。「正しい診断は、最良の治療を導く」と考え、重症の子が来院した場合は、できる限り正確な診断と根拠に基づく治療を行い、最善を尽くします。また、治療法については外科的治療、内科的治療に囚われず、その子にとって最善の方法は何かを考え、飼い主さまにご提案します。その上で、飼い主さまと相談をしながら決めていきますので、安心して治療に専念していただけるのではないかと思います。
病気やケガで来院するだけの動物病院ではなく、いつでも気軽にご来院いただき、何かあったときは頼れる場所として皆さまの傍でサポートしていければと思います。些細なことでも構いませんので、お気軽に当院までご相談ください。

練馬テイルズ動物病院の施設紹介

  • 内視鏡での診察

    施設の写真

    小さな物でも見逃さず除去

    当院では、内視鏡を専門的に診る設備が整っています。私は今まで、内視鏡・腹腔鏡を専門にした治療を行ってきました。内視鏡を使用することにより、胃や腸を始め、鼻腔などの狭く確認し辛い場所も診察することが可能です。内視鏡を診て診察を行えるということは、治療を効果的に行えることができるということですので、飼い主さまに治療方法についての提案することのできる幅が広がります。
    例えば、誤って異物を飲み込んでしまったとしても、内視鏡を使用すればお腹を切らずに取り出すことが可能です。また、針などの小さな物でも内視鏡で正確な場所を把握して除去することができます。
    私はこれまでに沢山の症例を担当してきました。「どうしてこの症状が発症してしまうのだろうか」など分析や提案をこれからも正確に行い、動物たちの小さな命を救っていけたらと考えています。

  • いつまでも健康に長生きしてもらう為に

    施設の写真

    ウェルネス診療について

    当院では、心と体の健康維持と増進を積極的に行っています。病気にならないように予防医療を行うことは勿論のこと、健康で豊かな生活を日々遅れるように健康ケアを飼い主さまにご提案し、生活の質を更に高められるようにサポートできればと考えています。
    大切な家族の健康管理についてご不明点やご不安な点などがありましたら、お気軽にご相談ください。


  • ワンちゃん、ネコちゃんの定期健康診断について

    ワンちゃん、ネコちゃんは私たち人間のように言葉で訴えることができません。ガンや慢性の病気などは、初期症状がないまま進行するので、症状が出てからでの診察では手遅れになってしまいます。
    ワンちゃんやネコちゃんたちは年を取るスピードも私たち人間よりも早いです。例えば、8歳の子を人間の年齢に例えると約50歳の年齢に該当します。私たち人間も毎年1年、健康診断を行うように、ワンちゃん、ネコちゃんたちも定期的な健康診断をおすすめしています。
    大切な家族の命を守ることができるのは、飼い主さまです。早期発見・早期治療を行うことができる為にも、定期的な健康診断を行うことによって進行を防いだり、遅らせたりすることが可能です。
    当院では、「定期健康診断」と一日かけて精密検査を行う「ドッグドック・キャットドックコース」の二つのプランをご用意しています。また、飼い主さまから多くのご要望をいただいている、歯石除去を同時に行えるスケーリングコースもご用意していますので、ご興味のある方は是非当院までお問合せください。

  • 健康管理の徹底は1本の注射から

    施設の写真

    定期的な予防接種はとても大切

    予防接種ワクチンは私たち人間も年に1回行いますが、動物たちも予防接種はとても大切です。
    そもそもワクチンというのは、感染症の予防接種に使用する薬液のことを指します。ウイルスや細菌などに感染すると、病原体に対する抵抗力が体内に生み出されます。この原理を応用したものがワクチンによる予防接種です。病原体の毒性を弱め、無毒化したものがワクチンと呼ばれ、ワクチンを接種することで病気への免疫力ができるので、万が一体内に病原体が侵入しても発症を予防し、症状を最小限に抑えることができます。


  • ワンちゃんの健康管理について

    ワンちゃんの場合、狂犬病予防法で狂犬病ワクチン接種が義務付けられています。狂犬病ウイルスはワンちゃんだけではなく、私たち人間を含む哺乳類全てに感染する恐れがある大変危険なウイルスです。日本は洗浄国ですので、狂犬病に感染したという話をあまり聞きませんが、海外では狂犬病ウイルスが蔓延している国も少なからずあるのが現状です。海外からの侵入を防止する為にも、日本では年に1回の接種を必ず受けていただく必要があります。
    狂犬病ワクチン接種の他にも、ウイルス感染などの感染症を防ぐ混合ワクチンがあります。生後1~2カ月頃までは、母犬の初乳で免疫力を体内に取り組みますので、ウイルスなどから守られますが、成長するにつれて徐々に母親譲りの免疫力が薄れてくる為、病気に感染しやすくなります。母親からの免疫力に変わって病気を守ることができるのが混合ワクチンの役割でもあります。ジステンパーやコロナウイルス、アデノウイルスなどの感染症を1本のワクチンで予防することができます。
    ワクチンは生後2カ月前後から始めるのが適齢期と言われおり、その後は年に1回の追加接種を行っていただくことをおすすめします。


    ネコちゃんの健康管理について

    ネコちゃんの場合、室内にいることが多いから予防接種はしなくても大丈夫と思っていませんか。外に出ていないとしても、飼い主さまが外から病原体を持って帰ってきてしまう恐れもありますし、誤って外にでてしまい、病原体をもらって来てしまうことも少なくありません。また、全く外に連れ出さないというわけではないと思いますので、感染リスクがゼロとは言い切れないのです。
    ネコちゃんに行うワクチンで予防できる病気は、ウイルス性鼻気管炎やカリシウイルス、クラミジア、白血病ウイルス、免疫不全ウイルス(エイズ)の6種類があります。どれも感染したら命を落とす危険性がある大変恐ろしい病気です。ワクチン接種にはいくつかの種類がありますので、どれを予防接種として行えば良いか分からない場合は、当院までお問合せください。
    ワクチンは、ワンちゃんと同じ、生後2カ月前後から始め、その後は年に1回の追加接種を行っていただくことをおすすめしています。

  • ネコちゃんの気持ちを配慮

    施設の写真

    ネコちゃん用の設備を整えて

    当院の待合スペースは、5~6人いらっしゃると凄くにぎやかになる為、外の音や環境に敏感なネコちゃんに負担がかかる場合があることを懸念して、ネコちゃん専用の入り口を増設しました。
    受付は共通ですが、待合室と診察室、そして入院室はネコちゃん専用ですので、ネコちゃんと一緒にご来院される飼い主さまも安心してご来院いただけると思います。
    当院は特別大きい病院ではけしてありませんが、少しでもワンちゃんとネコちゃんたちが快適に過ごせる空間づくりに努めていますので、お気軽に当院までお越しください。

練馬テイルズ動物病院への口コミ

  • #

    コロンさん /30代 オス
    4
    2020/11/23
    雰囲気: 5
    接客/サービス: 4
    待ち時間: 3
    清潔感: 5
    治療の満足度: 3
    55

    高齢猫

    高齢猫が血便が出たので来院しました。
    生まれつきの胃腸炎だったようです。
    療法食と投薬による治療を始めることにしました。

  • #

    さん オス(去勢済み)
    4.8
    2020/10/16
    雰囲気: 5
    接客/サービス: 5
    待ち時間: 5
    清潔感: 5
    治療の満足度: 4
    68

    物腰が柔らかい院長

    かかりつけの医院なので、何回もうちの猫がお世話になっています。
    尿疾患、誤飲、胃腸炎、腎臓病などの治療でお世話になってます…。
    比較的新しい病院なので、院内はとても綺麗です。
    また、入り口も診察室は犬と猫で別れています。
    猫は人見知りする子が大半なので、この配慮は助かります。
    院長は物腰が柔らかく、何でも質問しやすいです。
    内視鏡が得意のようで、うちの猫が内視鏡検査する際も比較的安心して依頼できました。
    駐車場がないので、車で行く場合は付近のコインパーキングに停めるしかありません。

口コミをもっと見る(0件)

練馬テイルズ動物病院の基本情報

住所 〒176-0001 東京都 練馬区 練馬3-24-18
アクセス

西武池袋線練馬駅から徒歩約6分

西武豊島線豊島園駅から徒歩約6分

西武池袋線中村橋駅から徒歩約15分

西武池袋線桜台駅から徒歩約17分

都営大江戸線練馬春日町駅から徒歩約23分

◇コインパーキングあり

電話番号
0066-9802-971590-70
施設情報
当日対応OK/ バリアフリー対応/ 里子・里親紹介/ 入院設備あり/ マイクロチップ対応/ 駐車場あり
治療台数 4台 一押しの治療機器 内視鏡
待合室席数 5席 待合室設置物 雑誌/ウォーターサーバー
獣医師人数 男性 1人 女性 1人 スタッフ人数 女性 5人
メディア掲載

2014年犬の名医さん100人データブック

クレジットカード
VISA/マスター/JCB/アメックス/その他/
保険対応
アニコム
来院比率 犬:50% 猫:50%
代表者名 石川 朗

練馬テイルズ動物病院の関連するジャンル

×

電話受付時の注意

※無料通話となります。
※キャンセルの場合も必ずご連絡お願いします。
※当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※お客さまが予約専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、予約確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。
※お客さまのご意見・ご要望を把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。