11/1
11/2
11/3
11/4
11/5
11/6
11/7
11/8
11/9
11/10
11/11
11/12
11/13
11/14

ネオ動物病院

ネオドウブツビョウイン

4.2 1件

愛知県 名古屋市昭和区 塩付通4-6

地下鉄鶴舞線御器所駅から徒歩約5分

// うさぎ/ ハムスター/ モルモット/ リス/ 鳥類

一般診療/狂犬病注射/混合ワクチン注射/フィラリア予防/ノミ・ダニ予防/避妊・去勢/その他

  • 土曜日もOK
  • 日曜日もOK
診療時間
09:00 ~ 12:00 × ×
16:00 ~ 19:00 × ×

日曜午前/10:00~12:00

日曜午後/15:00~18:00

施設からのお知らせ
施設からのお知らせはありません。
施設からのお知らせ
施設からのお知らせはありません。

ネオ動物病院への編集部紹介コメント

ネオ動物病院は、愛知県名古屋市昭和区塩付通にある動物病院です。地下鉄桜通線および鶴舞線の御器所駅から徒歩5分ほどの場所にあります。建物の南側に駐車場(5台)のご用意もありますので、お車でも気軽にお越しいただけます。こちらのクリニックでは1987年の開業以来30年、地域に暮らす動物たちのホームドクターとして、犬・猫の総合診療をはじめ、ウサギ・鳥などの小動物の一次診療を行っています。飼い主さまのご要望に耳を傾け、お気持ちに寄り添いながら、診療を行ってくれるクリニックです。地域でかかりつけの動物病院をお探しの飼い主さまは、ぜひ一度訪れてはいかがでしょうか。

地域に暮らすペットたちの“ホームドクター”です

こんにちは、愛知県名古屋市昭和区塩付通にあるネオ動物病院の院長、長根尾 保夫です。当クリニックは、1987年に設立して以来30年、地域で暮らす動物たちと、動物たちの家族である飼い主さまの“ホームドクター”として、医療を中心にさまざまなサービスの提供を行っています。犬・猫の診療に関しましてはできるかぎり全ての分野を、ウサギ・鳥などその他の小動物に関しては一次診療での対応をしています。また、より専門的な技術や知識が必要だと判断した際には、飼い主さまのご要望に応じて、専門の病院をご紹介し、適切な医療を受けていただくためのサポートをいたしますので、まずはお気軽にご来院ください。
動物は私たち人間のように、言葉を話すことができません。そのため、患者であるペットに気持ちを聞くことも、どんな症状なのかを直接確認することもできません。だからこそ、ペットの治療を円滑に行うためには、獣医師だけでなく、ペットの家族である飼い主さまのご協力が不可欠なのです。また、言葉を話さないペットの気持ちを誰よりも理解できるのも、いつもそばにいる飼い主さまだと思っています。飼い主さまに病気をご理解いただき、ペットと飼い主さまにとって最適な治療を提供していくことが、私たち獣医師の役目であると考えています。何か動物たちにご不安なことがございましたら、ご相談ください。

ネオ動物病院の施設紹介

  • 飼い主さまのご要望を尊重しながら、ペットに寄り添う医療を提供しています

    施設の写真

    飼い主さまのお話をしっかりとお伺いするよう心がけています

    当クリニックでは、ご来院の際、まずは飼い主さまのお話を、時間をかけてお伺いしています。「ペットがどんな症状なのか」「いつもとどう違うのか」など一つひとつ丁寧に確認してから、ペットの診察に入るようにしています。いつもペットと一緒に暮らしている飼い主さまの言葉には、病気や症状の原因や、治療のヒントが隠されていることも少なくありません。そのため、飼い主さまが気軽にお話できる雰囲気づくりを大切にしています。


  • わかりやすく丁寧な説明を心がけています

    私たち獣医師は、飼い主さまの家族の一員であるペットを診察し、投薬治療や手術などペットの状態に合わせた適切な医療を提供していけるように、日頃から技術の向上や情報収集を積極的に行うようにしています。しかし、言葉を話すことができない・自分で判断したり薬を飲んだりできないペットの治療には、何よりも飼い主さまのご協力が必要です。獣医師と飼い主さまが互いに手を取り合い、協力し合うことで、より効果的な治療を行うことができると、私たちは考えています。そのため、飼い主さまへのインフォームドコンセントを大切にし、ペットの状態や病気について、どのような治療の選択肢があるのか、それぞれの治療のメリットやデメリットについてなど、飼い主さまにしっかりとご説明するよう心がけております。また、飼い主さまと積極的にコミュニケーションをとり、互いに信頼関係を築いていければと考えています。どんな小さなことでも、気になること・わからないことがあれば、お気軽にご相談ください。

  • ペットと飼い主さまにとってやさしい医療を目指します

    施設の写真

    できるだけストレスなく治療を受けてもらえるように

    病院へ来るペットたちの中には、不調を抱えた状態でいつもと違う環境に連れて来られることに、ストレスを感じてしまう子も少なくありません。だからこそ、できるだけストレスなく、リラックスした状態で診察を受けてもらえるように、さまざまな心配りをしています。
    例えば、いきなり触ったり・抑えつけたり・大きな声を出したりなど、ペットを驚かせないようにしています。また、警戒したり怖がったりで暴れてしまうペットも、けっして押さえつけることなく、飼い主さまと協力して、自然に落ち着くのを待つようにしています。無理に押さえつけてしまうと、余計に恐怖心を与えてしまい、さらに恐がってしまう悪循環に陥り、病院嫌いの子になってしまうこともあるのです。病院嫌いになってしまうと、診察や必要な治療を受けるのが難しくなることもあります。そうならないためにも、ペットが極力ストレスを感じることがないように、その子のペースに合わせた、やさしい診療を心がけています。また、自分自身、ペットと暮らす飼い主として、大切な家族である自分のペットが病気になった時に、診てもらいたい・安心してお任せできると思える、頼れる動物のお医者さんでありたいと思っています。


  • 早期発見・早期治療のためにも定期的なご来院をおすすめしています

    自分で自分の不調をうまく伝えることができないペットにとって、飼い主さまをはじめ、ペットの周りにいる人が早く異変に気づいてあげることが何よりも大切です。しかし、飼い主さまが不調に気がついた時には、すでに症状が深刻なほど進行してしまっているケースも少なくありません。その状態では、治療に時間や費用がかかってしまうほか、最悪の場合、命を落としてしまうこともあります。そんな状況を少しでも回避し、早期発見・早期治療を目指すためにも、年に1度の定期健診をおすすめしています。以前に比べ、今のペットたちは長生きになり、飼い主さまと楽しく過ごせる時間も増えました。その反面、加齢が原因で起こるさまざまな不調や病気に悩むペットたちもいます。また、「もう歳だから仕方がない…」と放っておいたら、重篤な病気に罹っていたケースもあります。だからこそ、普段からペットとのスキンシップも大切にし、小さな異変を感じたら、すぐに相談してほしいと思っています。


    避妊や去勢手術についてもご相談ください

    ペットを家族として迎えた際に、早めのご対応をお願いしたいのが、避妊・去勢手術です。飼い主さまのご要望で、ペットに子どもを産ませたい場合を除き、1回目の発情が来る前の手術をおすすめしています。その理由は、卵巣や子宮といった婦人科特有の病気や、乳腺腫瘍を未然に防ぐことができるためです。また、オスの場合も、性別特有の病気予防はもちろん、マーキングの予防にもなります。家族と一緒のお家で暮らすペットのマーキングは、飼い主さまのストレスにもなります。病気を防ぎ、飼い主さまと仲良く暮らしていくためにも、避妊・去勢手術をお考えの方はお気軽にご相談ください。メリット・デメリット共に、丁寧にご説明いたします。

  • 獣医師から飼い主さまにお伝えしたいこと

    施設の写真

    おやつはご褒美としてあげましょう

    ペット、特に小型犬には、朝晩の食事以外のおやつは本来あまり必要ではありません。「うちの子、あまり食欲がないんだけど…」と相談にいらした飼い主さまにお話を聞いてみると、おやつをあげ過ぎていることがあります。ペット用品コーナーにいくと、沢山のおやつが販売されており、つい買いたくなる気持ちもわかります。しかし、ペットがかわいいからとおやつを沢山あげてしまうと、おやつでお腹がいっぱいになってしまい、健康な体づくりに欠かせないごはんが食べられなくなってしまいます。ごはんで必要な栄養をきちんと摂るためにも、おやつの量には注意しましょう。また、間食としてではなく、しつけの際の“ご褒美”としてあげるのがおすすめです。飼い主さまのいうことをきちんときけたらご褒美がもらえると、ペットも喜んでしつけを覚えてくれます。しつけを教える時に、おやつを上手に活用することをおすすめいたします。


  • ホームケアでペットとのスキンシップを楽しみましょう

    トリミングサロンでの定期的なケアは、ペットのかわいさや清潔さを保つうえで大切なことです。でも、なかなかサロンに行けない…そんな時におすすめなのは、飼い主さまによるホームケアです。例えば、歯みがきやブラッシングなど飼い主さまができそうだな、と思うことから少しずつ始めてみてはいかがでしょう。いきなり、全部をやろうとすると難しい子もいると思いますので、少しずつ慣らしていくと良いでしょう。例えば、体全体の健康状態に影響が出ることもある歯周病は、定期的な歯みがきで防ぐことができます。まずは、口元を触られても嫌がらないように、少しずつ触るところから行うのがおすすめです。ペットにとっても、飼い主さまとのスキンシップは楽しいものです。楽しみながら、お家でできるケアをしましょう。

ネオ動物病院への口コミ

  • #

    投稿者さん /40代 オス(去勢済み)
    4.2
    2018/05/16
    雰囲気: 4
    接客/サービス: 5
    待ち時間: 4
    清潔感: 4
    治療の満足度: 4
    18

    ありがとうございました。

    今回、初めてお伺いしましたがご夫婦でやっていらっしゃる病院のようで、とてもアットホームな雰囲気でしたし親切に対応して下さるので小さなことでも気軽にかかれそうだなと思いました。交通のアクセスもとても良いのですが、前面道路は結構な交通量だったので、駐車場に車を入れるとき頭から入れてしまい出るときが大変でした。

口コミをもっと見る(0件)

ネオ動物病院の基本情報

住所 〒466-0022 愛知県 名古屋市昭和区 塩付通4-6
アクセス

地下鉄鶴舞線御器所駅から徒歩約5分

桜通線御器所駅から徒歩約5分

鶴舞線川名駅から徒歩約12分

桜通線桜山駅から徒歩約13分

鶴舞線荒畑駅から徒歩約17分

電話番号
施設情報
当日対応OK/ 空気清浄機/ 女性医師の在籍/ 入院設備あり/ マイクロチップ対応/ 駐車場あり
診療領域 歯と口腔系疾患/脳・神経系疾患/消化器系疾患/内分泌代謝系疾患/整形外科系疾患/感染症系疾患/中毒/眼科系疾患/循環器系疾患/肝・胆・すい臓系疾患/血液・免疫系疾患/耳系疾患/寄生虫/心の病気/皮膚系疾患/呼吸器系疾患/腎・泌尿器系疾患/筋肉系疾患/生殖器系疾患/腫瘍/アレルギー
治療台数 1台 診察室 1室
一押しの治療機器 オーラルベット 駐車場台数 6台
待合室席数 5席 待合室設置物 雑誌 / 絵本
獣医師人数 男性 1人 女性 1人 保険対応
アニコム/アイペット
来院比率 犬:50% 猫:45% 鳥類:4% その他:1%

×

電話受付時の注意

※ 無料通話となります。
※ キャンセルの場合も必ずご連絡をお願いします。
※ 当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※ お客さまが受付専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、受付確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。