5/17
5/18
5/19
5/20
5/21
5/22
5/23
5/24
5/25
5/26
5/27
5/28
5/29
5/30

リライフアニマルクリニック

リライフアニマルクリニック

4.7 28件

福岡県 福岡市中央区 平尾2-20-40APEX平尾2階

西鉄天神大牟田線西鉄平尾駅から徒歩約5分

/

一般診療/狂犬病注射/混合ワクチン注射/フィラリア予防/ノミ・ダニ予防/しつけ相談受付/避妊・去勢/その他

  • 土曜日もOK
診療時間
09:30 ~ 12:30 × × ×
15:30 ~ 18:30 × × ×

金曜日午後は13:30~16:30

◇午前中最終受付は12:00までとなっております。
◇午後最終受付は18:00までとなっております。

特別外来時、セミナー開催等の場合は日・祝でも診察する場合があります。
詳しくは当院のHPもしくはお知らせをご確認ください。

施設からのお知らせ
【5月診察スケジュールのご案内】

現在新規のトリミングご予約は停止しております。

予約制オンライン相談実施中!
腫瘍内科・外科 池田先生

5月10、23~24日 
皮膚、心臓内科、超音波エコー検査 森田先生

5月12、20、26日
猫外来・FIP外来 石川先生(オンライン中)

5月7、13~14、17~18、26~27日
心臓内科、超音波検査、外科 吉池先生

随時受付
歯科・デンタルケア  院長 徳永
佐藤ドッグトレーナーによるオンライントレーニング
鈴木先生によるオンライン料理教室

診察変更のお知らせ
6、11、25日 休診日

5月3日 午後診察
5月4~5日 10:00~15:00

GW中も診察しています、お問い合わせください。

ご要望を多数いただいたことにお応えして、昨年より毎週金曜日の診察時間を9:30~12:30、13:30~16:30に変更し、より多くの患者様にご利用いただけるようになりました。
.

完全予約制とさせていただきます、ご希望日当日でもお電話、メール、WEB予約をお願い致します。
施設からのお知らせ
【5月診察スケジュールのご案内】

現在新規のトリミングご予約は停止しております。

予約制オンライン相談実施中!
腫瘍内科・外科 池田先生

5月10、23~24日 
皮膚、心臓内科、超音波エコー検査 森田先生

5月12、20、26日
猫外来・FIP外来 石川先生(オンライン中)

5月7、13~14、17~18、26~27日
心臓内科、超音波検査、外科 吉池先生

随時受付
歯科・デンタルケア  院長 徳永
佐藤ドッグトレーナーによるオンライントレーニング
鈴木先生によるオンライン料理教室

診察変更のお知らせ
6、11、25日 休診日

5月3日 午後診察
5月4~5日 10:00~15:00

GW中も診察しています、お問い合わせください。

ご要望を多数いただいたことにお応えして、昨年より毎週金曜日の診察時間を9:30~12:30、13:30~16:30に変更し、より多くの患者様にご利用いただけるようになりました。
.

完全予約制とさせていただきます、ご希望日当日でもお電話、メール、WEB予約をお願い致します。

リライフアニマルクリニックへの編集部紹介コメント

リライフアニマルクリニックは、福岡市中央区平尾にある動物病院です。西鉄平尾駅から徒歩5分、天神の繁華街からは車で15分の場所にあり、近隣にコインパーキングもございます。一次診療病院でありながら、最新の設備を導入し、各分野に精通した先生を招いて専門外来を設けることで、高度な医療を提供するしくみを整えていらっしゃるのが特長です。
「ひとりひとりの飼い主さまと動物たちに真摯に向き合うことが最も大切」という信条を語ってくださった院長の徳永先生は、ご自身も愛猫を飼われており、1人の飼い主としてペットに向き合い、治療方針を考えてくださいます。その親しみやすいお人柄と勉強熱心な姿勢から、飼い主さまだけでなく、スタッフやほかの獣医師からも信頼が厚いご様子が伝わってきました。地域に根差した身近な存在となれるようセミナーや教室にも取り組み、「健康なときから通ってもらう動物病院」を目指していらっしゃいます。些細なことでも相談しやすい病院をお探しの方に、ぜひおすすめしたい動物病院です。

専門性の高い医療の提供と相談のしやすい環境づくり、その両立を目指す動物病院です

こんにちは、福岡市中央区平尾にあるリライフアニマルクリニックの院長、徳永 秀です。この地に開業し、地域の飼い主さまと交流させていただくなかで「動物病院は敷居が高い」というお声を多くいただきました。ですが、大切なペットが病気になってからよりも、健康診断や予防のために動物病院に来ていただけるのが、飼い主さまにとっても動物病院にとっても一番良いことだと思います。
当院は「ペットが病気のときだけでなく、病気にならないように健康管理のために通っていただける病院」を目指し、セミナーや教室に取り組んだり、フードについてのお悩みを専門的な視点から解決したり、地域の皆さまにとって身近で相談しやすい動物病院となれるよう様々な機会をつくることに努めています。
4月現在でも5月は単独、6月はショップさんとコラボしたセミナーを開催予定です、是非皆様にもご参加いただければと思います。
また、当院の最大の特長として専門外来がございます。各分野に精通した獣医師を定期的にクリニックへ招く独自のシステムで、高度な獣医療サービスの提供を可能にしました。さらに、外部に委託するような高度な検査も院内でできる最新の設備を導入し、一次診療病院として最良の環境を目指しています。
専門的な治療を提供すること、そして、皆さまの身近で相談しやすい存在であること、その両立を目指し、スタッフ一同日々診療にあたっております。病気でないときも気軽に通って頂き、些細なことでもご相談いただければと思います。

リライフアニマルクリニックの施設紹介

  • 最良の獣医療サービスを提供するために

    施設の写真

    専門外来で地域格差を是正します

    専門性の高い二次診療を受けさせたくても近隣に病院がないなど、獣医療の地域格差は飼い主さまにとっても獣医師にとっても大きな悩みです。当院では専門外来を設け、地域格差の是正を目指しています。各分野に精通した獣医師を定期的にクリニックへ招き、情報を共有しながらチーム医療を提供することで、一次診療病院であってもより高度な医療を提供できる環境を整えました。得意分野で活躍でき、他の獣医師と相談することもできるので、担当する獣医師にとっても最善を尽くせるのが専門外来のメリットです。当院には、皮膚科、耳科、循環器内科、画像診断科、歯科、眼科、リハビリテーション科、痛みケア外来、麻酔科、行動診療科、総合診療科、老犬ケア、往診などがございます。


  • 他の二次診療病院との連携体制も整えています

    もちろん当院で診ることが難しい場合には、他の二次診療病院を紹介いたしますのでご安心ください。腫瘍・がんなどに関しては山口大学動物医療センターと連携体制を整えています。

  • 設備の充実にも力を入れています

    施設の写真

    検査結果を早くお伝えするために

    当院では設備の充実にこだわり、最新のものをそろえています。院外に検査を依頼すると早くても3~4日かかってしまうものですが、院内で検査を完結できればすぐに飼い主さまに治療方針をお伝えですることができ、飼い主さまやペットの負担軽減につながります。


  • 往診にも活用できる最新式のエコー

    エコーは動物の内臓の状態を把握するために使用することが多い機器です。当院で導入している最新式のエコーは画質が良いことはもちろんですが、従来できなかった持ち運びができる点で大変優れています。シニアであるなど、さまざまな事情で動物病院へ通うのが難しく、往診をご要望いただく声も多くありますが、そのような際にもエコーを使用できれば、より正確な診断を提供できるようになります。また、人医療で計測できるさまざまな数値について、従来の獣医療用エコーでは計測できない場合がありましたが、最新式のエコーは、たとえば心臓の血流速度など計測できる項目が増え、治療の方針を決めるために大変役立ちます。


    耳用の内視鏡で診断し、最適な治療方針の決定をいたします

    当院が導入している耳用の内視鏡「オトスコープ」は、PCにつなぐことで飼い主さまと獣医師が一緒に画像を確認することができます。たとえば点耳薬などにおうちでがんばって取り組んでいただいた際には、治療の効果が出ているかを目に見える画像として飼い主さまが確認できるので、安心感につながると思います。また、耳鏡では耳の内部が確認しづらい犬種でも、耳用内視鏡があれば鼓膜の有無を確認できます。たとえば、鼓膜のない子には内服薬にする、中耳に原因があるかもしれないのでもっと詳しい検査をするなどの対応を検討し、鼓膜のある子には耳の外側だけのトラブルと考えられるので積極的に洗って点耳薬を使うことを提案するなど、鼓膜の有無をきちんと確認することは、より良い治療方針の決定を可能にします。


    安心して診察を受けていただくために工夫をしています

    ワンちゃん・ネコちゃんはどのような動きをするか予想ができません。当院では小児科と同じようなこだわりをもって、安全性を高める工夫をしています。床や扉にはやさしいクッション素材・防水素材を使用していますので、ぶつかってもおしっこをかけても大丈夫です。ソファなども人間のお子様でも大丈夫な安心・安全な素材のみを使用しています。
    また、内装には、飼い主さまにもリラックスしていただきたいという想いからハワイアンな雰囲気を取り入れました。飼い主様の緊張は動物へ伝わりますし、動物たちは緊張すると症状を隠してしまうことがあるため、正しい診断のためにも、まず飼い主さまにリラックスしていただき、動物たちにも大丈夫と感じてもらいたいと思います。問診の際にも、話しやすくゆったりとした雰囲気は大切です。

  • 大切なのは飼い主さまにご納得いただくことです

    施設の写真

    さまざまな選択肢を丁寧にご説明します

    当院が大切にするのは、飼い主さまの立場に立ち、真摯に向き合って同意を得たうえで治療にあたることです。たとえ最新の治療方法があったとしても、それがその子にとって最善とは限りません。治療方針は飼い主さまやペットの状況によって異なるものです。従来の方法もふまえ、新しい選択肢がひとつ増えただけと捉え、そのメリット・デメリット、薬であれば副作用なども丁寧にご説明いたします。新しい方法を取り入れる際には、従来の治療で対応できなかった部分を埋められるのか、また、さらに負担を減らせるかという点に、特に注目するようにしています。


  • 自分のやり方に固執することなく幅広い知識を取り入れています

    提供できる選択肢をひとつでも増やせるよう、勉強は欠かしません。人医療を含め、さまざまな分野に詳しい先生方と交流させていただき、つねに情報をアップデートできるよう普段から努めています。その際にも「新しいから良い」と考えるのではなく、選択肢がひとつ増えたと捉えるようにしています。

  • 近年増加している病気について

    施設の写真

    飼い主さまの心構えが皮膚疾患の予防につながります

    近年アトピーやアレルギーのワンちゃんが増加していますが、なりやすい病気というのは犬種によって違いがあります。日本ではフレンチブルドッグ・柴犬・トイプードルなどが皮膚疾患になりやすいといわれています。人間の場合は衛生環境などが関係することもありますが、ワンちゃんの場合、なりやすい病気がある原因としてブリーディングによる遺伝的な偏りも考えられます。獣医師は犬種によってなりやすい病気を当然把握していますが、飼い主さまのなかには症状が出てからはじめて知ったという方もときどきいらっしゃいます。外耳炎やアトピーなど一生付き合っていく必要がある病気について、はじめから心構えができているほうが予防や対応がしやすいので、まず犬種について知っていただくということが大切だと思います。獣医師としては、犬種によってなりやすい病気をデータとしてきちんと飼い主さまに共有していければと思っています。


  • お口のケアははじめが肝心です

    人と同じように、ペットにとってもお口のケアは大切なもの。口内炎や歯周病から全身疾患へとつながることもあります。ただ、動物にとって口は大切な武器でもあり、口内を触られると恐怖を感じてしまいます。はじめに怖い思いをすると、二度とお口を触らせてくれないケースも珍しくありません。デンタルケアは獣医師が求める範囲が、飼い主さまにとっては負担が大きすぎるという場合もあり、ケアでお悩みの方も多いかと思います。当院でも今後、
    行動学なども含めて教室やセミナーなどを開催することでこの問題の解決に取り組んでいきたいと考えています。ケア方法についてお困りの際にはぜひ一度ご相談ください。


    お散歩の一工夫が認知症の予防につながります

    ペットの高齢化に伴い、認知症を抱えるケースも増えてきています。認知症の予防には、脳に適度な刺激を与えることが大切です。たとえばお散歩の際には、あえて小走りにしたりゆっくり歩いてみたりとリズムを変えて歩くだけで脳に良い刺激を与えることができます。さらに、散歩するルートをときどき変えてあげるのもひとつの方法です。今日のお散歩から実践できる予防ですので、ぜひ試してみてください。

リライフアニマルクリニックへの口コミ

  • #

    みゅーみゅーさん /50代 オス(去勢済み)
    4.6
    2022/01/28
    雰囲気: 4
    接客/サービス: 5
    待ち時間: 5
    清潔感: 4
    治療の満足度: 5
    14

    おすすめできる動物病院だと思います

    8歳MIXオス猫の歯肉炎と背中のイボが気になり、お世話になりました。

    病院選びに際し、次の3点が大きな決定要因になりました。
    【1】24時間インターネット(EPARK)から予約できる。
      いくら地元で評判の動物病院でも、アナログなシステムのところは順番待ちだけで一日仕事。
      時間の計算がまったく出来ないのは社会人にはハードルが高過ぎる。
    【2】院長先生が歯科の専門家でいらっしゃる。
    【3】院長先生ご自身が猫(八太郎さん)を飼っておられ、
      とても可愛がっていらっしゃる様子をWEBで読んだ。
      ひとくちに獣医師といっても、猫の扱いに長けた先生は、なかなか限られる。

    中でも【3】は大きいです。
    院長先生は、なんと患畜の名前まで「さん」付けで呼んでくださり、恐れ入りました(笑)

    今回、院長先生に診ていただきました。
    実際にクチコミ通り先生もスタッフの皆さんもお優しく、患畜の扱いも丁寧で
    安心してお任せすることができました。
    ヒトもとい飼い主とのコミュニケーション能力も高くていらっしゃり、
    気になることは何でもお尋ねできる雰囲気を作っておられることは、素晴らしいですね。
    うちの子はとても臆病な小心者で、普段まずもって他人様の前には姿を現さない「幻の猫」。
    診察台の上で暴れたりシャーシャー威嚇したりご迷惑かけないか心配だったのですが、
    緊張はしているものの興奮することもなく、口周りも体もおとなしく先生に触られていて、
    これは、飼い主としては、ちょっとした驚きの光景でした。
    親身に優しく注意深く接してくださるヒトのことは、動物も分かるのですね。
    先生のご説明も丁寧で分かりやすく、今後のために大変勉強かつ参考になりました。

    これからも診ていただきたい、また誰かに尋ねられたときにはオススメしたい病院です。

    ちなみに、いよいよのときは
    2次診療病院(大学病院)での先端医療にも繋いでもらえるそうですが、
    小動物歯科は、院長先生の“お師匠さん”がいらっしゃる鹿児島大学との連携が
    スムーズに取れることを教えていただきました。
    もちろん実際に大学病院の受診となれば、経済面含め様々な現実的問題を考慮する必要はありますが、
    そういう選択肢で「わが子」の希望を繋ぐことが出来ることも知っておくと、心強いと思います。

    なお、南区長住に分院がオープンしたことを伺いました。
    そちらは猫専門外来の日が設けられているそうで、猫専門の先生にも診ていただけるそうです。
    また、曜日限定で院長先生もいらっしゃるとのことです。
    今回の本院受診で一点だけ気になったのが、狭い待合室で
    4、5匹のワンちゃんと同じ時間を過ごさなければならなかったことでした。
    日常的に犬に接する機会の無い猫には、大きなストレスだったろうと思います。
    どのワンちゃんも総じてよく躾けられてはいるものの、
    猫飼いの立場で「?」と感じざるをえなかったことなどもありました。
    (まぁ、その辺は飼い主さんのマナー次第なところが大きい訳ですが。)
    たとえば、仕方の無いことでしょうが中にはワンワン吠えてしまう犬もいて、
    うちのビビリ猫は、キャリーバッグの中で縮み上がっていました。
    そのような次第で、次回からは長住分院での受診も考えてみようかなと思います。
    長住分院の公式ホームページは、まだ検索エンジンにHITせず私は探し出せないので、
    本院のホームページにもリンクが張られるのを心待ちにしています。
    (予約は、既にEPARKから出来るようになっているようです。)

    施設からの返信

    みゅーみゅー様、コメントいただきありがとうございます!

    ご満足いただけたようで安心いたしました、スタッフ含め出来るだけ分かりやすい表現でお話しできるように心がけています、ご安心いただけたようで良かったです。
    当院の終身名誉院長「八太郎」もほめていただきありがとうございます、本人も喜んでおります。

    猫ちゃんの歯は原因が多岐に渡ったり分かりにくい等、完治が難しい場合もあります。
    その場合は皆さんとよく相談の上、日常生活の質を高める、大学病院等二次病院にご紹介をする等、うまくお付き合いしていく提案をする時もあるかと思いますが、精一杯サポートさせていただきますので、一緒に頑張っていきましょう。

    待合室の件、結果としてネコちゃんを怖がらせてしまい、大変申し訳ございません。
    普段はほとんどないのですが、みゅーみゅーさんがいらっしゃった時に、飛び込みの患者様がいたこともあり、混み合う状況になってしまいました。

    予約制と抗ウイルス空調を導入し、出来るだけ他のオーナー様との接触を避けるように対策をさせていただいていますが、スペースの問題と状況により混みあう場合がございます。

    今回当院の案内が行き届かなかったこと申し訳ございません、更なる対策として3階にも待合スペースをもうけさせていただきました。
    万が一次回ご来院された場合に混み合った場合は、お手数ですが3階の待合室にご案内させていただきます。

    長住院のホームページがなかなか検索に出てこないのでグーグル側にも要請しております、今回リンクを記載させていただきます、本院HPにも記載しますのでご参照とご検討いただければ幸いです。

    https://nagazumi.relife-animal.com/

    次回のご来院をスタッフ一同お待ちしております!

  • #

    投稿者さん /40代 オス(去勢済み)
    4.8
    2022/01/26
    雰囲気: 5
    接客/サービス: 5
    待ち時間: 4
    清潔感: 5
    治療の満足度: 5
    15

    お噂通りの本当に素晴らしい病院でした!!

    東京から引っ越してきて、ホームドクターを探していたのですが、こちらのお噂や口コミをみて予約はたくさんでしたがそれがむしろ本当に人気なんだなと思いさっそくお伺いしました。

    カートでお伺いしたら男性のスタッフの方、帰りは女性のスタッフの方がわざわざ運んでくださり、本当に助かりました!!

    ワクチン接種と、前院での診断が不安だったのでセカンドオピニオンのつもりでしたが先生の知識や経験の高さで前院で見逃されてた皮膚病を発見していただきました!泣

    ワクチン接種後も、これまでは終わったらすぐ会計となり、具合が悪かったらまたご連絡くださいと言われるのが常でしたが、最初のアナフィラキシーショック対応のために15分ほど院内で待機させていただけるのこともとてもありがたかったです!!

    愛犬に申し訳なかった一方で、本当にいい病院を見つけることができてとにかくよかったです!!!

    看護師さん方もとても素敵な方ばかりで安心して全てお任せできました!!

    東京でたくさんの病院をみてもこんなに良い病院ははじめてです!!!

    今後ずっとお世話になろうと思います!!

    本当におすすめです!!!!

    施設からの返信

    投稿者様、コメントいただきありがとうございます!

    ご満足いただけたようで安心いたしました、スタッフ達にも大変励みになります、カートの件でご不便をおかけして申し訳ありません。

    ワクチン接種後、特に初めてワクチンを接種される場合の副反応は特に注意しないといけません、予約制のため出来るだけ混まないように配慮しておりますが、待機時間中に待合室が混みあった場合は3階の待合室にてお待ちいただけますので、ご協力を宜しくお願い致します。

    動物病院には相性もあるかと思います、今回ご満足いただけたようで安心いたしました、ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください、大切なご家族の健康と幸せを引き続きサポートさせていただければ幸いです。

    次回のご来院をスタッフ一同お待ちしております!

口コミをもっと見る(0件)

リライフアニマルクリニックの基本情報

住所 〒810-0014 福岡県 福岡市中央区 平尾2-20-40APEX平尾2階
アクセス

西鉄天神大牟田線西鉄平尾駅から徒歩約5分

電話番号
0066-9802-969674
併設施設 しつけ教室/一時預かり
施設情報
当日対応OK/ コインパーキング/ 空気清浄機/ 女性医師の在籍/ 往診対応あり/ 入院設備あり/ グッズ販売/ 駐車場あり
診療領域 歯と口腔系疾患/消化器系疾患/内分泌代謝系疾患/眼科系疾患/循環器系疾患/耳系疾患/心の病気/皮膚系疾患/腎・泌尿器系疾患/アレルギー
得意診療領域 内分泌代謝系疾患 / 循環器系疾患 / 耳系疾患 / 心の病気 / 皮膚系疾患 / 歯と口腔系疾患
治療台数 2台 診察室 2室
待合室席数 8席 待合室設置物 雑誌
獣医師人数 男性 4人 女性 1人 クレジットカード
VISA/マスター/JCB/オリコ/アメックス/その他/
外国語対応
英語/
代表者名 徳永 秀

×

電話受付時の注意

※無料通話となります。
※キャンセルの場合も必ずご連絡お願いします。
※当社およびEPARK利用施設は、発信された番号を、EPARKペットライフ利用規約第3条(個人情報について)に定める目的で利用することができるものとします。
※お客さまが予約専用電話番号に発信した電話番号情報は、当サイトの運営会社である株式会社EPARKペットライフが取得し、予約確認・案内SMS送信を目的として利用いたします。
※お客さまのご意見・ご要望を把握し、サービス向上につなげるため、通話内容を録音させていただきます。