院長/藤井 忠之 へのインタビュー(3/4)

戸田動物病院 院長 藤井忠之 戸田動物病院 院長 藤井忠之
プロフィール
藤井 忠之

日本獣医生命科学大学卒業(1989年)

戸田動物病院は埼玉県戸田市の一角、住宅街の真ん中に佇み、長い間この地域の獣医療を支えてきた。院長の藤井忠之先生は、先代院長からこの病院を引継ぎ、日々の診療に明け暮れている。この地域の時代の移り変わりを見つめながら数々の症例を診療してきた藤井先生にお話を伺った。
  3/4ページ  

獣医師として思うこと(2)

治療した子達は皆それぞれ思い出深いのですが、共通して言えるのは、動物一頭一頭がそれぞれ、ご家族の愛を沢山受けて暮らしてきたんだという事がよく分かるということです。
実際には治療にも限界があり、いずれ残念な結果になってしまうこともありますが、ご家族の愛情が動物に注がれているということを考えると、それが我々獣医師の活力になりますよね。自分が診ているその動物の後ろには、その子を可愛がっている何人もの人が居るわけですから。

ペットのあり方の変化

昔は、もう動物がぐったりした状態になってから連れてくる、という病院の利用の仕方が多かったんです。しかし最近ですと文字通り動物が家族の一員だという気持ちが飼い主の皆様の中に強くあり、少し具合が悪くなると病院に連れてきていただけますし、定期的に健康診断を受けていかれる方もいらっしゃいます。そうすることで事前に病気が分かれば、生活の中に病気の苦しさを持ち込まずに過ごすことができると思います。
放っておけば病気はどんどん進行してしまいますし、そうなると結局治療も大掛かりなものになってしまう可能性があります。だからこそ、健康診断は大事ですね。動物の場合は病気の症状が出てからだと手遅れになっている、病気が非常に重篤になっている可能性が多いですから、病気を早期発見することで、例えば食事で病気の進行を遅らせたり、最低限の投薬で病気の発症を遅らせることができます。健康診断を受けるにあたっての大きなメリットの一つですよね。
もちろん、何も病気が無く健康だということならそれが一番ですし、毎年のデータの積み重ねをすることも大切です。例えばある数値が参考基準値に収まっているからそれでいいという訳でなくて、その参考基準値の中でも上昇傾向にあるとか、そういったことが発見できると、それに関して注意しておくことができます。そういう意味では毎年といわずとも、定期的に健康診断を受けるのは必要ですよね。
  3/4ページ  
住所
埼玉県戸田市笹目4-19-16
アクセス
JR埼京線北戸田駅から徒歩15分
JR埼京線戸田駅から徒歩20分
戸田動物病院の詳細を見る