院長/大矢 智隆 へのインタビュー(1/4)

大矢動物病院 院長 大矢 智隆 大矢動物病院 院長 大矢 智隆
プロフィール
大矢 智隆

1997年3月 日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学)卒業
1997年4月 都内の動物病院勤務
1998年2月 埼玉県浦和市の動物病院(山田動物病院)勤務
2002年7月 大矢動物病院開業
所属学会
日本獣医循環器学会会員、日本獣医腎泌尿器学会会員
日本獣医がん学会会員、日本小動物血液透析協会会員
日本動物病院福祉協会(JAHA)会員

近くには多摩川が流れる東京の西の端、狛江市東和泉に居を構える大矢動物病院。今年13年目を数えるこの病院の待合室で、院長の大矢智隆先生にお話を伺った。優しく温和な大矢先生が考える動物医療とは。
 1/4ページ  

獣医を志したきっかけ

珍しいと思われるかもわかりませんが、私は小学校の時は犬も猫も苦手だったんですよ(笑)。
というのが、子供の頃に犬に追いかけられたことがあり、親戚のおばさんの家に日本スピッツという小型犬がいたんですが、この子は私を見つけると必ず咬みに来たのですよね(笑)。
それはそれは怖かったですよ。なので、「犬は必ず人に咬みつく生き物」だと思い込んでいました。
きっかけというのか分かりませんが、テレビに「ムツゴロウさん」が出演しているのを見て、「動物を治す仕事がある」ということを知ったんですよね。ただ、目指しはしましたが大学に受からなくて、一度は諦めてしまいました。その後、工業大学に進学したのですが、どうしても諦めきれず、もう一度挑戦してみたんです。
結果的に獣医療を学べるようになりましたが、動物の世話というものは、文字通り命を預かっていることになります。その子たちを生かすも殺すも私達お世話をする人間の気持ち次第になってしまう。動物を飼っている方ならそれは当たり前なんですが、そのことを改めて感じましたね。
どこでもそうと言う訳ではありませんが、私が入った研究室ではかなり自由に勉強をやらせて頂きましたね。その時の先生には今でもお世話になっています。
機械だけに頼らず、自分で動物の身体を見て、触って、嗅いでみるという、五感を使った診療など、獣医師としての基礎の部分をきちんと学ぶことの出来る場所だったと思っています。そのときに学んだことが今でも自分の中の診療の土台になっているので、厳しいこともあるにはありましたが、自分を成長させることの出来る楽しい場所でしたね。
そこで出会う仲間達はみんな結局「動物のお医者さんになりたい」という目標があるので、それに向かってどうしていくべきなのかというのを一生懸命に学んでいました。

獣医師として横のつながりを持つことが患者様のためになる

うちの病院ではCTにすごく力をいれているのですが、実は同じ研究室を出た仲間内でCTを買い、シェアしながらCTの研究をしていったんですよ。ですので、その研究室が無かったら今の当院のこういう特徴はなかったですね。
また、勉強会といって、最先端の治療であったり、先生方が実際に体験した症例を発表したりする場もあります。そういったデータの共有とその蓄積があると、次の治療、そのまた次の治療に生かせますからね。そういう集まりは私が獣医になったときからずっとありますし、そういう場は今どんどん分野が増えていますよね。
一つの分野に深く精通している専門医の方だとやはりものすごく詳しい方もいらっしゃいます。人間のお医者様でもそうですが、学会等で医師同士の横のつながりがあれば、そういう詳しい方を頼りにしていいと思うのですよね。分からないときは詳しい方を頼りにすればそれが患者さんのためにもなりますし、それは決して恥ずかしいことではないと考えています。
僕は循環器と泌尿器に関しては、修行時代の先生を今でも頼りにしています。
 1/4ページ  
住所
東京都狛江市東和泉2-16-1
アクセス
小田急線狛江駅から徒歩5分
小田急線和泉多摩川駅から徒歩5分
大矢動物病院の詳細を見る