院長/石川 朗 へのインタビュー(1/4)

練馬テイルズ動物病院 院長 石川 朗 練馬テイルズ動物病院 院長 石川 朗
プロフィール
石川 朗

2002年 日本大学生物資源科学部獣医学科 卒業
2002年 亀戸動物病院(東京都墨田区) 勤務
2006年 同医院 副院長
2009年 同医院 内視鏡・腹腔鏡部門(兼務)
2013年 練馬テイルズ動物病院 開院
所属学会
獣医麻酔外科学会 日本獣医がん学会 獣医内視鏡外科研究会
研究・発表歴
2011年 第32回動物臨床医学会年次大会 内視鏡検査により診断した消化器型リンパ腫の犬の1例
2012年 日本獣医内科学アカデミー2012年大会 上部消化管内視鏡検査により診断した犬の消化管内異物50症例の回顧的検討
2012年 第53回日本獣医画像診断学会 内視鏡により診断した犬の胃内異物42症例のX線検査の有用性に関する検討
2013年 第15回日本臨床獣医学フォーラム2013年年次大会 軟性膀胱鏡にて治療をおこなった尿路結石の犬の2例

西武線池袋線の練馬駅で電車を降り、閑静な住宅街を抜けたところにある「練馬テイルズ動物病院」。2014年12月で開業から一年を迎えたこの病院では、ある専門的な治療に力を注いでいた。近代治療の可能性とは何か、院長の石川先生にお話を伺った。
 1/4ページ  

獣医師を志したきっかけ

きっかけですか~、幼い頃から動物が好きだったというのはもちろんあるんですが、その動物好きになったことのきっかけがあって、私はここ練馬が地元なんですが、幼稚園のときに埼玉県に住んでいた時期があったんですね。
で、通っていた幼稚園というのが少し変わっていて、園内ですごく沢山の動物を飼っていたんです。そこがそれこそ動物園のような場所だったんですよ。変わったところだと鹿なんかもいましたよ(笑)獣医師を目指したきっかけというか、動物好きになったきっかけというのは、幼い頃に身近に動物がいたという事の影響が大きいと思いますね。
父の仕事の都合で引っ越しが多かったのと、家族の体質的な問題があったりして家では動物が飼えなかったので、幼稚園で動物と触れ合えるのが嬉しかったですね(笑)
実際に獣医師を志すことに関しては、決定的なこういうことがあったというよりは、幼い頃から自然とこの道に進んできたような感じですね。気づいたときには中学生の頃には獣医師になりたいと考えるようになっていました。

内視鏡治療が得意な動物病院。内視鏡治療とは?

私はこれまでに、内視鏡治療に力を入れて研究、発表、治療を行ってきました。
獣医学の分野では、内視鏡での治療は大きく分けて二つあります。
ひとつは人間と同様で、原因不明の嘔吐や、血を吐いてしまうという時、胃カメラをのんだり、組織を採ったりして・・・つまり通常の検査ではわからない時に行う精密検査ですね。
そして、もう一つが異物の除去です。これが人間の治療とは違うところですね。やっぱりワンちゃんにしろ、ネコちゃんにしろ、日常生活の中でいろんな異物を飲み込んでしまいますので、それを内視鏡によって摘出します。
20年位前ならレントゲンを撮って異物があると分かったら、手術で実際にお腹を切って取り除くことが多かったのではないかと思います。
今は内視鏡の技術の進歩もあり、胃の中のにある異物はだいたい取り出せますね。私の経験では9割は摘出できます。もちろん麻酔をかける必要はありますが、内視鏡を使えばお腹を切る必要は無いですし、そうなれば動物の身体にかかる負担が大幅に減るというメリットがあります。
 1/4ページ  
住所
東京都練馬区練馬3-24-18
アクセス
西武池袋線練馬駅から徒歩6分
西武豊島線豊島園駅から徒歩6分
練馬テイルズ動物病院の詳細を見る