院長/門屋 美知代 へのインタビュー(1/4)

かどやアニマルホスピタル 院長 門屋 美知代 かどやアニマルホスピタル 院長 門屋 美知代
プロフィール
門屋 美知代

◇出身地:愛媛県松山市
◇趣味・特技:テニス、刺しゅう、ベリーダンス
◇今までに飼った動物:犬、猫、鳥、ハムスター、モルモット

◇ご経歴
北里大学獣医学部卒業後、埼玉県の動物病院で勤務。
2005年東京農工大学大学院修了(獣医学博士号取得)。
同年かどやアニマルホスピタル開業
2010年日本獣医皮膚科認定医取得。

◇所属学会
日本獣医皮膚科学会 理事・会員
アジア獣医皮膚科学会 会員
日本女性獣医師の会 会員
日本獣医がん学会 会員
けやき臨床研究会 会員

かどやアニマルホスピタルは、国分寺街道沿いにあるピンクの看板が目印の動物病院。院長の門屋 美知代先生は大学を卒業後に勤務した病院で皮膚病のペットが多いことを実感し、皮膚疾患のスペシャリストとなるべく勉強や研究を続けてきた獣医師だ。アレルギーやアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を得意としているが、内科疾患や眼科、外科診療、健康診断や予防診療、爪切りなどのケアまで幅広く対応してくれる。飼い主さまの立場を考え、心の通った質の高い診療を大切にされているという門屋院長に、予防の大切さや皮膚科診療に対する思いなどを伺った。
 1/4ページ  

かどやアニマルホスピタルの院長になるまでの道のり

獣医師を志したきっかけを教えてください

子どものとき、それこそまだ「獣医師」なんて言葉も知らない頃でしたが、家の近所に動物病院ができたんです。学校に通うときに毎日「獣医」という文字を見ていて「獣医って何だろう」と思って調べたんです。そこで興味を持ったのがきっかけかもしれません。小さい頃から犬を飼っていて、もともと動物は好きでしたが、そのときに初めて動物に関わる仕事として「獣医師という職業があるんだ」と意識しましたね。

これまでの経験で印象に残っていることは何でしょうか

ペットの皮膚トラブルで悩んでいる飼い主さまが多いのですが、私は皮膚科が得意で、皮膚科の研究で博士号を取得しましたし、日本獣医皮膚科学会認定医の資格も持っています。そのため、皮膚に関しては特に専門的な診断や治療ができるのが強みです。皮膚疾患は病院によっては単なる皮膚炎と診断されてしまうこともあるので、病院に通っているのに良くならないと悩みを抱えている飼い主さまも多いんです。他院からうちに転院してきて、皮膚専門の診断や治療ができたおかげで「良くなりました」というお声をいただくこともあって、やはりそういったときは嬉しかったですね。また、ペットが亡くなってしまった後、新しい子を飼い始めた方が「この子も先生のところで診てください」と連れてきてくださるときも同様です。再び私を選んでくださったということは、それまでの診療や私たちの姿勢を飼い主さまが信頼してくれたということだと思うので、すごく嬉しいですね。

開業に至った経緯をお聞かせください

子どもの頃から私の中では動物のお医者さん=動物病院を開業しているというイメージが強かったんです。ですので、大学在学中も開業のことを考えながら勉強していましたね。獣医師という職業で製薬会社に勤務したり公務員になったりという選択肢があることは大学に入ってから知ったのですが、自分には興味がなかったというか(笑)。あくまでもお医者さんとして動物を診たいなという思いが強かったですね。また、今でこそ大きな病院や、専門的分野を持っている動物病院が増えてきて勤務医として専門的な診療をする体制が整っていますが、私が大学の頃はまだそんな病院が少なかったんです。だから私の中では、まず開業することが目標でした。卒業後は動物病院に就職したのですが、開業するなら専門分野を学びたいと思い、興味があった皮膚科について東京農工大学の大学院で勉強しなおして、2005年に開業しました。
 1/4ページ