犬のコロナウイルス性腸炎とは

犬のコロナウイルス性腸炎とは

不調を抱えた犬の症状・原因について

子犬で注意が必要な腸炎

犬のコロナウイルス性腸炎は、犬コロナウイルスが感染することによる病気です。
犬コロナウイルスの病原性はそれほど強力ではないため、症状は犬の年齢により異なります。成犬は、不顕性感染と呼ばれる、感染しているかどうかわからない(症状が現れない)状態になることが多く、症状が出ても軽い症状で済んでしまうことが多いです。子犬の場合は、「元気・食欲の低下」「下痢」「嘔吐」が見られ、症状が続けば、脱水症状を起こしてしまいます。下痢便は、粥状から水様で、悪臭を伴うことが多く見られます。
原因は、犬コロナウイルスに感染した犬の便や吐物にはウィルスが存在しているため、これらに接触したり汚染された食器などからの感染です。
治療は、犬コロナウィルスに直接効果のある薬はないため、対症療法となります。点滴、吐き気止めや抗菌剤の投与などを行います。

犬のためにあなたができること

定期的な予防接種を!

対策としては、定期的に動物病院で予防接種を受けることです。動物病院の先生の指示に従い、感染を防ぐためにしっかりと予防接種を受けるようにしましょう。

犬にこんな症状・しぐさが出たら注意!

成犬の場合
  • 感染していても症状は出ないことが多い
子犬の場合
  • 下痢(悪臭を伴う)
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 元気がなくなる など

かかりやすい犬の種類

特にかかりやすい犬種はありませんが、成犬では無症状のことが多くても、子犬では怖い病気です。

 近くの施設を探す  

監修医 佐伯 潤先生

監修医 佐伯 潤先生

くずのは動物病院

院長:佐伯 潤

住所:大阪府 和泉市 尾井町1丁目1-31
施設詳細はこちら