犬の胸水について

犬の胸水について

不調を抱えた犬の症状・原因について

犬の胸部に溜まった水が体内の臓器を圧迫する病気

体内の水分を代謝する機能に異常が発生したことにより、心臓や肺を包んでいる胸膜に、漏れ出した体液や血液が溜る病気です。
胸水が溜まる原因は、はっきりとはわかっていませんが、心臓病や癌が原因となることが多いです。溜まる体液の種類により、「乳び胸(にゅうびきょう)」「血胸(けっきょう)」「膿胸(のうきょう)」などと言い換えることもあります。
胸部(肺の上部)に水が溜まると、さまざまな機能障害を起こします。
腹水などにも共通して言えるのですが、体内の一部に集中的に水が溜まってしまうと、臓器が圧迫され、体に極端な負荷がかかります。
肺周辺で水が溜まると、肺が圧迫されてしまい呼吸困難になります。そのため、あまり運動をしなくなり、飼い主には、今までずっと元気で普通に生活していたのに突然元気がなくなったように感じられます。また、下痢を繰り返すなどの症状も出始めます。
食欲がなくなる、呼吸が苦しそうになる、舌が変色するなど、目視できる症状が多い病気ですので、普段からスキンシップをとっていれば気付きやすいです。異変に気付いたらすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

犬のためにあなたができること

犬の胸水の治療は利尿剤から始まる

犬の胸水の検査は、エコー検査を定期的に受けて胸水が溜まっているかどうかを確かめるのが最適です。獣医さんの指示に従い、早めに検査を受けることをおすすめします。
犬の胸水の原因は様々ですが、体内の代謝が悪くなったことで引き起こされます。そのため、どの様な原因であっても、体の水分を減らす目的で先ずは利尿剤の投与を行います。その後、溜まっている体液や、その他の症状に応じて代謝を促す投薬を行います。
症状の軽い犬は投薬と食事の改善で良くなることがあります。
症状が進んでいる場合は病院へ連れて行き、定期的に胸部に溜まった胸水を抜きますが、再発する可能性もあり、頻繁に胸水を抜いても、すぐに溜まり衰弱していくケースもあります。犬の体力次第では、胸水を抜くこと自体が困難な場合もあります。
重篤状態の場合は、緊急で外科的手術が行なわれ、状況により麻酔を打っての手術になることもあります。手術や麻酔は体力を要するので、獣医としっかり相談した上で行なうようにしましょう。
犬によっては、劇的な回復を見せる場合もありますので、異変が出始めたらすぐに病院へ連れて行き、早期治療を目指しましょう。

犬にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 呼吸困難
  • 元気がなくなる
  • 運動失調
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 舌の色が変色する

かかりやすい犬の種類

かかりやすい犬種は特にありません。

監修医 澁谷 俊先生

監修医 澁谷 俊先生

マリア動物病院

院長:澁谷 俊

住所:東京都 大田区 西蒲田4-5-9ロジェ西蒲田1F
施設詳細はこちら