犬のホーナー症候群について

犬のホーナー症候群について

不調を抱えた犬の症状・原因について

遮断場所により症状が異なる

目の視床下部~眼球間の頸部交感神経が何らかの理由で遮断され、麻痺する病気をホーナー症候群、別名ホルネル症候群と呼びます。
症状として、瞳孔の収縮、瞬膜(通常は目の縁に隠れている)が外に飛び出す、眼球が沈んで目がくぼんで見える、まぶたが垂れ下がるなど、神経遮断がおきた場所によって異なります。

原因は様々な病気から引き起こされる可能性が考えられます。
例えば、頭~目の周辺で遮断がおきた場合は、中耳炎や外耳炎などの疑いがあります。
また、原因が見つからず突発性と診断される場合もあります。

犬のためにあなたができること

何気ない行動をよく観察する

    日頃から、犬の何気ない行動をよく観察しましょう。例えば脳関係の異常では歩行障害が出ることがあります。日常生活での何気ない行動に異変を感じたら、すぐに動物病院で診察を受けましょう。
    主な検査方法は
  • 神経学的検査
  • 眼科検査
  • MRI検査
  • エコー検査
  • 治療方法は、原因となる病気があればその治療を優先し、しばらく経過を観察します。
    突発性の場合は神経保護剤などによりしばらく経過を観察します。

犬にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 瞳孔の収縮
  • 瞬膜に腫れが生じ、外に飛び出している
  • 眼球がくぼんで見える
  • まぶたが垂れ下がっている

かかりやすい犬の種類

好発犬種は特にありません。

 近くの施設を探す  

監修医 福島 潮 先生

福島 潮 先生

鎌倉山動物病院

院長:福島 潮

住所:神奈川県 鎌倉市 鎌倉山1-9-2
施設詳細はこちら