犬の中耳炎について

犬の中耳炎について

不調を抱えた犬の症状・原因について

犬の中耳炎は、外耳炎と似ているため、見過ごされることが多いと思われます。

それは、私たち人間は、鼻や咽頭から細菌やウィルスなどが、耳管という中耳につながる管を介して、中耳へと感染して中耳炎を発症することが多く、激しい耳の痛みや閉塞感といった中耳炎独特の症状がみられるのに比べ、犬ではほとんどの場合、外耳炎が進行して中耳炎になるので、程度の差はありますが、症状としてはほとんど外耳炎と変わらないからです。

また、捻転斜頸(片方の耳の位置が、もう片方より低くなって首を傾けた状態)や顔面神経麻痺、ホルネル症候群(第3眼瞼の突出と片眼の縮瞳など)といった症状を呈することもあります。こうなると、内耳炎と混同されることもしばしばです。

近年では、オトスコープという内視鏡で鼓膜を明瞭に観察できますから、オトスコープによる鼓膜の所見だけで中耳炎と診断できることが多くなりました。

また、CTやMRIは、中耳炎の確定診断に有力であるだけでなく、中耳や周辺組織の情報も伝えてくれるので、とても優れた診断方法です。

耳科を得意とする獣医師なら、必要により鼓膜切開をして中耳から吸引した材料で、中耳炎の病態の一部を把握することができます。さらに、鼓膜切開の部位を介して中耳を洗浄するなど、治療も可能です。

しかしながら、一般に犬の耳疾患は、かなり慢性経過を経て、外耳道や中耳の組織に回復不可能なほどダメージが生じてから、2次病院である耳科を得意とする獣医師が診る、ということが多いため、既に外科手術を必要とすることも少なくありません。
その手術というのは、外耳道全部を摘出すること、そして中耳の外耳道側の骨を切除すること、さらに中耳の鼓室胞と呼ばれる骨の一部を切開し、洗浄したり、汚れたところを取り除くといったかなり大掛かりな手術です。
ただ、これまでですと100%手術が必要と言われるほど外耳道や中耳に深刻なダメージがあっても、オトスコープの活用という新しい治療法で、筆者の経験では、上記のような手術をしなくても済むケースが年々かなり増えてきました。
できるなら、元来ある外耳道や中耳を出来るだけ残したいわけですね。
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの原発性分泌性中耳炎

先述のように、犬の中耳炎は外耳炎の感染が拡大して発症することがほとんどですが、このキャバリア種では、ヒトの中耳炎のように中耳(耳管を含む)から発症します。
症状は多様で、難聴、頸部の引っ掻き行動、耳の掻痒、頭を振る、叫び、歩様異常、頸部の疼痛、過剰または異常なあくび、耳の疼痛、顔面下垂などで、ケースバイケースのようです。
オトスコープで、鼓膜の膨隆が見られることが多く、CTやMRIで中耳に液体の貯留が認められます。
治療は、鼓膜切開と中耳洗浄が勧められます。

フレンチ・ブルドッグの中耳炎

フレンチ・ブルドッグは、鼓膜の手前の水平耳道と呼ばれる部位が元々とても狭いだけでなく、環境や食物のアレルギーなどにより、水平耳道がほとんど閉塞してしまうことがよくあります。
このため、私共にお連れになった段階では、鼓膜切開による中耳洗浄ができないことから、中耳の外科的手術が必要となっていることが少なくありません。
フレンチ・ブルドッグを飼ってらっしゃる場合、もしその子が耳を時折気にしているなら、とにかく早めの確かな対策が必要です。

犬にこんな症状、しぐさが出たら注意!

  • 治りにくい外耳炎
  • 再発しやすい外耳炎
  • 頭をよく振る

(進行すると・・・)
  • 耳を痛がる
  • あくびを痛がる
  • 音の反応が鈍くなる
  • 頭を傾ける
  • 唇が垂れる
  • 瞳孔の異常

かかりやすい犬の種類

  • フレンチ・ブルドッグ
  • コッカー・スパニエル
  • ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア
  • 柴犬
  • シーズー
  • トイ・プードル

 近くの施設を探す  

監修医 杉村 肇 先生

監修医 杉村 肇 先生

どうぶつ耳科専門クリニック 主の枝

院長:杉村 肇

住所:兵庫県 洲本市 宇原2279-2
施設詳細はこちら