犬の横隔膜ヘルニアについて

犬の短頭種気道症候群について

不調を抱えた犬の症状・原因について

横隔膜とは、肺や心臓のある胸部と肝臓や腸などがある腹部を仕切っている筋肉の膜のことです。この横隔膜が何らかの原因で破れ、お腹の臓器が胸の中に入り込んでしまった状態を、横隔膜ヘルニアと言い、先天性と後天性があります。

原因

先天性横隔膜ヘルニア

生まれながらにして、横隔膜の一部あるいは全部に異常があり、発症します。

後天性横隔膜ヘルニア

交通事故、打撲、落下などの強い衝撃によって横隔膜が破れ、発症します。
胸部と腹部をつなげるために元々開いている穴(血管や食道の通る部分)や、横隔膜の付着部位が破れるケースが多くみられます。

症状

先天性横隔膜ヘルニア

  • 呼吸が荒い
  • 食欲がない
  • 呼吸困難
  • 無症状
など

後天性横隔膜ヘルニア

  • 呼吸が荒い
  • 食欲がない
  • 呼吸困難
  • 嘔吐
  • 舌の色が紫色になる(チアノーゼ)
  • お腹を痛がる
など

犬のためにあなたができること

先天性の横隔膜ヘルニアは無症状の場合も少なくなく、レントゲン写真を撮った時に偶発的に発見されることがあります。安静時でも呼吸が荒い、運動後に呼吸が苦しくなるような症状がある場合には、診察を受けた方が良いでしょう。
後天性の横隔膜ヘルニアは受傷後しばらくしてから発症する場合があるので注意が必要です。交通事故など、犬に大きな衝撃が加わった場合は、その時の状態にかかわらず動物病院に連れて行き、診察を受けた方が良いでしょう。呼吸が苦しい犬を抱っこするときは、腕だけを持って抱きあげることはせずに、必ず両手で胸とお尻のあたりを持ち、体をむやみに伸ばさないように気を付けるようにしましょう。
後天性横隔膜ヘルニアは救急疾患でもあるため、万が一のことを考え、あらかじめ夜間救急の動物病院を調べておくのも良いでしょう。

かかりやすい犬の種類

かかりやすい犬種は特にありません。

 近くの施設を探す  

監修医 國廣 淳智 先生

國廣 淳智 先生

MOMOどうぶつ病院

院長:國廣 淳智

住所:神奈川県 横浜市都筑区 仲町台1-8-9-202
施設詳細はこちら