犬の乳腺炎について

犬の乳腺炎について

不調を抱えた犬の症状・原因について

授乳期に多い病気

乳腺炎は、母乳の出る乳腺部分に炎症が起きる病気です。授乳期に乳腺炎の細菌が原因で子犬が死んでしまうこともありますので、早期発見・治療に努めましょう。
よく見られる症状として、胸にしこりが出来る、母乳が出る部分から黄色い分泌液が生じる、乳腺が熱をもつ、乳腺や周辺を触ろうとすると嫌がるなどがあります。
他にも、食欲が減退したり、激しい倦怠感を伴なう場合もあります。
また、病気が発生しやすい状況として、以下の2つが挙げられます。

授乳

授乳のため乳汁が過剰分泌されて目詰まりを起こしてしまう、子犬の歯や爪で乳頭に傷がついてしまいそこから乳腺炎に感染するケースが多いと言われています。

偽妊娠

発情期の始まったメス犬は、妊娠の有無に関わらずホルモンの影響により乳腺が張り、乳汁が過剰に分泌され、そこから乳腺炎に感染してしまう場合があります。

犬のためにあなたができること

投薬や対症療法による治療

乳腺炎の治療が必要かどうかは、獣医師の診察により判断されます。
治療法は、炎症部分に抗炎症剤を投与して症状を和らげるほか、患部を湿布などで冷やすことで炎症をおさえる対症療法がメインとなります。必要に応じてホルモン剤を投与する場合もあります。

犬にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 胸にしこりが出来た
  • 乳頭から黄色い分泌液が生じる
  • 乳腺が熱を持つようになった
  • 乳腺周辺に痛みを伴う
  • 乳腺やその周辺を触ろうとすると嫌がる
  • 食欲減退
  • 激しい倦怠感

かかりやすい犬の種類

特定の犬種はありません。メス犬特有の病気で、子犬の授乳期に発症しやすい病気です。

 近くの施設を探す  

監修医 元井 宏行 先生

監修医 元井 宏行 先生

もとい動物病院

院長:元井 宏行

住所:東京都 新宿区 下落合3-21-7
施設詳細はこちら