犬のコクシジウム症について

犬のコクシジウム症について

不調を抱えた犬の症状・原因について

便から感染する病気

犬のコクシジウム症とは、コクシジウムという原虫が腸内に寄生する病気です。
主に腸の粘膜に寄生する目に見えない微小な寄生虫です。
成犬は菌この原虫を保有していても発症しないことが多いですが、免疫力が弱い生後6ヶ月未満の子犬が罹ると、ひどい症状に見舞われる場合があります。
主な症状は、水っぽい下痢や脱水症状です。酷い場合は下痢に血液や腸の粘膜が混ざってしまうことがあります。発症までの潜伏期間は約2週間前後といわれています。
原因は経口感染です。コクシジウム症に罹った他の犬の便を誤って食べてしまった、虫体が入ったフンを踏んだ足をなめた、他の犬のおしりをなめたなど、口を通じて体内に虫体が入ります。

犬のためにあなたができること

二次感染を防ぐ

犬が下痢をしていたら、様子を見るのではなく、まずは動物病院で便の異常の原因を調べてもらいましょう。なぜなら、例えばコクシジウム症の場合、治ってもしばらくは便の中に虫体が残っているので、二次感染の可能性があるからです。環境中でも長い期間生存できるので、生活環境をきれいにすることが必要ですまた、重症になる前に病気を見つけることで犬の体への負担を減らすこともできます。
検査方法は、便検査を行います。
治療は、抗コクシジウム剤を1~3週間ほど投与します。(薬によっては1回)
同時に、下痢による脱水などが見られる場合は点滴や輸血を行うこともあります。

犬にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 下痢
  • 脱水症状
  • 体重の減少
  • 成長が止まる
  • 体の震えがとまらなくなる
  • 元気がなくなる
  • 粘液便
  • 血便
  • ストレスを思わせる仕草
  • 微熱
  • 吐き気や嘔吐
  • 食欲減退

かかりやすい犬の種類

好発犬種の指定はありません。

監修医 豊田 昌太郎先生

監修医 豊田 昌太郎先生

けいこくの森動物病院

院長:豊田 昌太郎

住所:東京都 世田谷区 等々力1-34-18
施設詳細はこちら