犬の前房出血について

犬の前房出血について

不調を抱えた犬の症状・原因について

失明の恐れもある病気

前房出血は、前眼房内で起きる出血のことで、前眼房とは、眼の角膜と虹彩の間のことを言います。
症状として、前房部位が真っ赤になる、歩行障害が発生する、眼に違和感を覚える素振りをするなどが挙げられます。

原因は、散歩中の交通事故や、他の犬との喧嘩でついた外傷、血液・血管の異常が主な理由として考えられます。他にも慢性網膜剥離・緑内障・白内障の手術後に発症したり、眼内腫瘍・高血圧・ブドウ膜炎・全身性の高血圧・寄生虫による発症、目の血管の先天的な異常など、さまざまな原因が考えられます。

特に注意しなければいけないのが、慢性緑内障です。徐々に症状が進行し、最悪の場合失明し視力が戻らなくなります。
前房出血で注意すべきはまず「前房出血の原因となっているのが緑内障ではないのか?」という点です。失明を防ぐためにも早期発見、治療を心がけましょう。

犬のためにあなたができること

出血が見られたらすぐに動物病院へ

出血が見られたらすぐに動物病院に連れて行きましょう。出血の原因を早期に解決することが長生きできる健康管理につながります。
検査方法は、血液検査からはじまり、必要に応じて眼圧検査や超音波検査を行ないます。
治療は、何らかの病気が原因で前房出血がおきている場合は、まずその病気を優先的に治療します。外傷が原因で起きている場合は、止血剤や消炎剤を使って内科的治療を行ないます。

犬にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 眼球の前房部分が真っ赤になる
  • 歩行障害
  • 眼に違和感を覚えるそぶりをする

かかりやすい犬の種類

好発犬種は特にありません。

 近くの施設を探す  

監修医 福島 潮 先生

福島 潮 先生

鎌倉山動物病院

院長:福島 潮

住所:神奈川県 鎌倉市 鎌倉山1-9-2
施設詳細はこちら