犬の変形性骨関節症について

犬の変形性骨関節症について

不調を抱えた犬の症状・原因について

捻髪音(ねんぱつおん)に注意

犬の変形性骨関節症は、関節が何らかの理由により変形し、痛みや炎症が引き起こされる病気です。
症状は、軽度の場合、散歩を拒否する、階段を上らない、足を引きずる、運動を嫌がるなどが見られます。
変形が進行すると、関節の腫れや、関節を動かすたびに「ジャリジャリ」といったいわゆる捻髪音(ねんぱつおん)が聞こえるなどの症状が現れます。
原因は原発性と続発性に分けることができます。
原発性とは、関節そのものに異変がある場合で、主に加齢に伴う軟骨の変性によって症状が現れることが多いです。
一方、続発性は関節および支持構造の疾患から二次的に進行して発症するもので、最も一般的な原因です。

犬のためにあなたができること

動物病院の指導を受けて、年齢にあった規則正しい生活を

病気対策の1つに、日頃から規則正しい生活習慣を送るということが挙げられます。
年齢に合った正しい運動法や食事のメニューなどを動物病院にて指導を受け、実践しましょう。
検査方法は、X線で病状を診断します。
治療は、何らかの疾患が原因で変形性骨関節症を引き起こしている場合は、その病気の治療が優先されます。
特に疾患が見つからない場合は鎮痛剤や抗炎症剤を投与し、痛みを和らげる治療を行います。

犬にこんな症状・しぐさが出たら注意!

軽度~中度

  • 運動失調
  • おっくうそうに排泄をする
  • 散歩に行きたがらない
  • ジャンプができなくなる
  • 階段を上がりたがらない
  • 動作が遅くなった
  • 足を引きずる
  • ロボットのような歩き方になる
  • 運動を嫌がる
  • 睡眠時間が長くなった

重度

  • 関節がほとんど動かせない
  • 捻髪音が聞こえる
  • 関節が変形し腫れる
  • 関節痛

かかりやすい犬の種類

  • ゴールデンレトリーバー
  • ラブラドールレトリーバー

といった、大型犬種~超大型犬種は変形性骨関節炎の好発犬種として名前が挙がっています。また、高齢になるほど発症しやすくなるのもこの病気の特徴です。

 近くの施設を探す  

監修医 大川 雄一郎 先生

監修医 大川 雄一郎 先生

オガタ動物病院

院長:大川 雄一郎

住所:神奈川県 相模原市南区 鵜野森1-14-23
施設詳細はこちら