犬の下痢について

便に異常があると思われる犬

不調を抱えた犬の症状・原因について

原因となる場所で症状が異なる

犬の下痢は、人間と同じく、柔らかい液状の便のことを指します。
症状は、下痢の原因となっている部位によってかわります。
たとえば、小腸の異常で下痢になっている場合は、便の量が増え回数は減ります。
便の状態はゆるく、水分を多分に含んでいます。下痢により血便を伴うこともあり、体重が減る、吐き気や嘔吐、脱水症状などが起きる場合もあります。
他にも、大腸の異常で下痢になっている場合があります。この場合、便の量は少なめ~通常通りですが、トイレに行く回数が増えます。便の状態は水様性で、血便を伴うことがあります。
これら以外にも、何らかの原因で症状が悪化すると、細菌またはウィルスなどの感染性の下痢にかかることがあります。激しい下痢、嘔吐、脱水症状、発熱などが重なり、最悪の場合死に至る可能性もあります。
原因は、過度のストレス、食事の栄養バランスの偏り、ウィルス感染、細菌感染、寄生虫感染などのさまざまな要因が考えられます。

犬のためにあなたができること

定期的なワクチン接種を

下痢を予防する対策として、定期的に動物病院でワクチン接種を行うことが挙げられます。これにより、ジステンパーウィルスやパルボウイルスなどの感染症を抑えることができます。
検査方法は、症状や病院によって異なりますが、血液検査、尿検査、X線検査、内視鏡検査、超音波検査など一般的な項目を行うことが多いです。
治療は、原因によって異なります。
急性の下痢の場合、成犬であれば水分の補給と1日程度の絶食をします。消化器を休めることで、胃腸への負担を軽減し、回復へと繋げます。しかしながら、子犬の場合は脱水・感染症により衰弱しやすいため、状況により点滴・注射による投薬が必要になる場合もありますので、獣医師の指示に従ってください。

犬にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 便がゆるくなる
  • 血便
  • 体重が減る
  • 吐き気や嘔吐を繰り返す
  • 脱水症状
  • トイレに行く回数が増える
  • 粘度のある便になる
  • 激しい下痢
  • 発熱

かかりやすい犬の種類

特に好発犬種はありません。

 近くの施設を探す  

監修医 吉池薫先生

監修医 吉池薫先生

吉池獣医科病院

院長:吉池薫

住所:東京都 世田谷区 豪徳寺1-38-11
施設詳細はこちら