猫風邪(猫カリシウィルス感染症)とは

猫風邪(猫カリシウィルス感染症)とは

不調を抱えた猫の症状・原因について

カリシウイルスは猫の風邪の原因となるウイルスの一つ

猫が風邪をひく原因となるウイルスはたくさんの種類がありますが、その中の一つに「カリシウイルス」というウイルスがあります。
猫の風邪の中では頻度が高いウイルスで、正式には「カリシウイルス感染症」と呼ばれますが、一般的には「猫風邪」や「猫インフルエンザ」と呼ばれています。
カリシウイルスは感染力の強いウイルスで、乾燥した環境下では3~4週間生存することができます。
しかしながら、免疫力の弱まっている猫や子猫に感染しやすい一方で、健康的な猫であれば感染しても何の症状も現れないことが多いです。
カリシウイルスに感染した時の症状は、一般的な風邪の症状である鼻水やくしゃみ、発熱や食欲不振です。
それに加えて、カリシウイルス特有の症状として口の中や舌に潰瘍ができ、痛みによってよだれが多くなり、口臭が出るようになります。
さらに、軽度の肺炎や多発性の関節炎、ウイルス性鼻気管炎を併発する可能性もあります。
特に子猫の場合であれば、母親から受け継いだ免疫力(移行抗体)がなくなる生後2~3ヶ月の頃に発症しやすく、肺炎を患うと命の危険を伴うこともあります。
主な感染原因は、ウイルスに感染した猫との接触感染です。
猫そのものに接触していない場合でも、飼い主がカリシウイルスに感染した猫に触ったあとに皮膚や衣服を介して猫に感染させてしまう場合があります。
また、接触感染以外にも空気感染でカリシウイルスに感染することがあります。
空気感染の場合、一般的にはウイルスに感染した猫のくしゃみによるもので、風邪が治ったあとの猫でもカリシウイルスの保菌状態(キャリア)になることで、他の猫への感染源となる場合があります。
ただし、一度発症してから完治した場合、免疫ができるので再発することはほとんどありません。
その他、猫の風邪の原因となるウイルスなどにヘルペスウイルスやクラミジアなどがあり、それぞれに特有の症状が現れます。

猫のためにあなたができること

インターフェロンの注射とワクチン接種

カリシウイルスに感染した場合は、ウイルスを直接退治するのではなく、インターフェロンを注射することで免疫力を高めて治療する方法がとられます。
また、場合によっては抗生物質の投与や点滴を行うこともあります。
カリシウイルス自体は感染力が強い反面、そこまで重い症状を呈することはありませんが、肺炎を併発し、その症状が進行すると特に子猫の場合は命の危険を伴う可能性が高く、決して楽観することはできません。
一般的な風邪の症状に加え、口の中や舌が炎症を起こしていたり、潰瘍ができている場合には速やかに動物病院へ連れて行きましょう。
事前にワクチンを接種しておけば、カリシウイルスに感染しても軽い症状で住むことが多いので、予防法として最適です。

猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 発熱
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 食欲の低下
  • よだれが多くなる
  • 口の中や舌に潰瘍ができる

かかりやすい猫の種類

特にかかりやすい品種はいませんが、以下の状況の猫はかかりやすいです。

  • 生後2~3ヶ月の子猫
  • カリシウイルス感染症が発症していない、ワクチン未接種の猫

監修医 黒須 幸雄先生

監修医 黒須 幸雄先生

クロス動物病院

院長:黒須 幸雄

住所:東京都 江戸川区 下篠崎町17-9
施設詳細はこちら