犬のケンネルコフについて

犬のケンネルコフについて

不調を抱えた犬の症状・原因について

伝染性気管気管支炎とも呼ばれる病気

この病気は、風邪のような病気で、1つの病原体による感染症ではなく、いくつかのウィルスや細菌が複合して感染し、病気を引き起こします。ウィルスでは、犬パラインフルエンザウィルス、ジステンパーウィルス、犬アデノウィルス2型が、細菌では、マイコプラズマやボルデテラと言う細菌が病原体となるとされています。
症状は、「咳」で、長く続くこともあります。「熱」が出る場合もあります。
原因となる病原体の中で、犬パラインフルエンザウィルスと犬アデノウィルス2型は、伝染力が強く、空気中に浮遊して感染します。老犬や子犬のような免疫力がない、または体力が落ちている犬がかかりやすく、成犬はあまりかかりません。
治療は、抗菌剤の使用や咳止めなど対症療法になります。

犬のためにあなたができること

ワクチン接種が大切です。

動物病院で接種できるワクチンの多くは、犬パラインフルエンザウィルス、ジステンパーウィルス、犬アデノウィルス2型が含まれています。ワクチンを接種することで、原因となるウィルスの感染を予防することができます。

犬にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 発熱

上記のような症状が特に見られます。老犬や子犬といった体力のない場合がかかりやすいので、ワクチンの予防接種などで対策を講じて気をつけましょう。

かかりやすい犬の種類

かかりやすい犬種は特にありません。子犬や老犬がかかりやすく、抵抗力や免疫力、体力の状態で引き起こされる感染症です。

 近くの施設を探す  

監修医 佐伯 潤先生

監修医 佐伯 潤先生

くずのは動物病院

院長:佐伯 潤

住所:大阪府 和泉市 尾井町1丁目1-31
施設詳細はこちら