犬の糖尿病について

犬の糖尿病について

不調を抱えた犬の症状・原因について

肥満との深い関係

犬の糖尿病とは、膵臓のランゲルハンス島β細胞から分泌されるインスリンの不足により、血糖値が上がり、病状の進行により白内障や腎不全など種々の合併症を引き起こす、人間にもよく知られている病気です。
症状として、多飲多尿と共に、食事量が増えるのに体重が減少するという。
さらに治療が遅れると、糖尿病性ケトアシドーシス(血中の有害物質であるケトン体の増加)による昏睡状態に陥ることもあるなど、大変危険な病気です。

原因としては、人間と同様にそのほとんどが先天的な要因であり、最終的にインスリンの分泌不全を引き起こすことによります。糖尿病の発症には遺伝的な要因と共に、生活習慣病としての肥満が大きく関わっており、危険要因とされています。

犬のためにあなたができること

この病気の治療は生涯行わなくてはならず、その治療の根幹は食事療法とインスリン療法になります。
動物病院で適切な食事量と内容の指導を受けます。食事を摂取すれば血糖値は上昇しますが、これが急激にならないように低糖質、高タンパク質、高繊維質なメニューの指導を受けたり、適した運動療法などの糖尿病対策を行います。過度な運動量は糖尿病を悪化させる可能性があり、運動量によってインスリンの投与量が異なるので、獣医さんと話し合って決めていくことが重要です。

インスリン療法は適切な種類のインスリンを選択し、適切な量を投与することです。インスリンの種類と量は個体差、食事量によって大きく異なってきます。投与量が多ければ低血糖を引き起こし、意識喪失・痙攣などを起こし、ブドウ糖を投与するなど迅速な対応が必要となります。しかし逆に少なすぎると、血糖値が下がらず治療の効果が得られません。
糖尿病のコントロールに対する検査は、主に血糖値および尿糖の検査で判定を行いますが、この他に体重の増減や長期血糖コントロールマーカーである、グリコアルブミンやフルクトサミンなどによる総合的な判断を行います。

犬にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 多飲・多尿
  • 食事量の増加に対する、体重減少
  • 元気消失
  • 虚脱状態
  • 意識喪失や昏睡状態に陥る(ケトアシドーシス性昏睡)

かかりやすい犬の種類

  • ミニチュアシュナウザー
  • ビーグル
  • ダックスフンド
  • プードル
  • キースホンド
  • プーリー
  • ミニチュアピンシャー
  • ケアーンテリア
  • ミニチュアダックスフンド
  • ゴールデンレトリバー
  • ジャーマンシェパード
上記の好発犬種のうち、発症年齢の7割以上は4歳~7歳と、7歳~8歳のメス犬にみられます。

 近くの施設を探す  

監修医 長谷川 承 先生

長谷川 承 先生

アルマ動物病院

院長:長谷川 承

住所:東京都 世田谷区 中町4-24-18
施設詳細はこちら