犬の続発性脂漏症について

便に異常があると思われる犬

不調を抱えた犬の症状・原因について

皮膚の新陳代謝が速くなる病気

犬の続発性脂漏症(ぞくはつせいしろうしょう)とは、アトピー性皮膚炎ややホルモンの異常などにより、皮脂の分泌が極端に多くなる病気です。
症状として、肌がベタつく、体臭がきつくなる、皮膚が過敏になりフケの量が異常に増えるなどがあります。また、二次感染を併発している場合は上記の症状に加え、脱毛や化膿性の丘疹などが見られる場合もあります。
原因は、アトピー性皮膚炎、外部寄生虫・真菌・細菌などの感染、栄養バランスの偏り、ストレス、何らかの内分泌疾患など多岐に渡ります。

犬のためにあなたができること

犬に合った規則正しい生活を

その犬に合った規則正しい生活習慣を送ることが一番の対策となりますので、動物病院で食事やスキンケアのアドバイスを受けましょう。
検査は、症状や問診から可能性のある疾患の類症鑑別を行い、その病気に適したものを行います。
治療は、内分泌疾患などにより続発性脂漏症が見られる場合はその病気の治療を優先させます。
それ以外では、正しい方法で低刺激性のシャンプーなどを用いてのスキンケアを行い、かつ食事内容を見直し、皮脂の分泌を正常なサイクルに戻すなどの治療が行われます。

犬にこんな症状・しぐさが出たら注意!

  • 肌がベタつく
  • 体臭がきつくなる
  • 体臭がきつくなる
  • フケの量が異常に増える
  • 脱毛症状や発疹が見られる
  • 体の広範囲におよぶ皮膚炎
  • かさぶた
  • 丘疹(皮膚上に出る1cm未満のでこぼことした湿疹)

かかりやすい犬の種類

  • パグ
  • ブルドッグ
  • コッカースパニエル
  • シーズー
  • スプリングスパニエル
  • ビーグル
  • ウエスティバッセットハウンド
  • ジャーマンシェパード
  • シャーペイ
  • アイリッシュセター
  • ダックスフンド

などが好発犬種に該当します。
特に生後1年半~2年未満に発症する場合が多く、加齢と共に症状が酷くなる傾向にあります。

 近くの施設を探す  

監修医 吉池薫先生

監修医 吉池薫先生

吉池獣医科病院

院長:吉池薫

住所:東京都 世田谷区 豪徳寺1-38-11
施設詳細はこちら